後援承認ありがとうございます!

皆さん、9月に向けて車両の製作、調整は、進んでおりますでしょうか?
事務局も準備を去年より充実させるように一歩ずつ歩を進めております。
今年からコースの変更もあり色々作戦も考えており事務局としても楽しみにしております。

さて、ここで心強いおしらせがあります。

なんと

なんと、

後援名義使用をお願いしておりました各位より快く承諾して頂きましたのでここにお知らせいたします。


この度は並々ならぬ御高配御指導を賜り、誠にありがたく厚く御礼を申し上げます。
これからも精進を重ねより安全第一と楽しいイベントを継続し、地域を盛り上げていく覚悟でございますので
今後とも引き続き、ご配慮、御指導を賜りたく、伏してお願いを申し上げます。

森町 様

HBC北海道放送 様

HTB北海道テレビ 様

北海道新聞社 様

函館新聞社 様

FMいるか 様


ありがとうございます!

スタート順について

スタート順について

以前より走行順についてのご要望がありましたので事務局にて話し合いを行いました。
先にスタートする車両は、コース上にあるコケなどの不利な条件になるということです。
改善策といたしまして今回より土曜日の公式練習前、ドラミ時に参加者全員によるくじ引きで出走順を決定することとしました。
但し、最後尾から5台までは、シード選手として別のくじ引きで決定いたします。
シード選手の条件とは、前回、前々回の総合優勝タイムなど好成績を残しているなどが対象とします。(事務局にて協議して決定いたします)

この様に皆様からのご意見ご要望を事務局にて審議、意見を交換しながら「北海道Super HillClimb with もりまち」を盛り上げていこうと思います。
まだまだ、様々なご意見等あると思いますので当事務局までご連絡をお願い致します。

2019 第3回ポスター選考決定!

本日、事務局にて第3回のポスター候補より選考致しました。
今年は、破損しても大人の一生懸命さが伝わる画像を使用しました。
第3回も皆さんで楽しんでいい思い出の開催となるようオフィシャルみんなでがんがります。
また、2017 0→400日本最速 10秒555の記録出したゼロヨンファクトリー花山氏がFairlady Z S30でのド迫力ゼロヨンデモ走行していただきます。
必見です。
2019ポスター

名称変更とコースについて

第2回大会まで開催された 北海道 HillClimb with もりまち ですが
レース終了後の確認、後片付け時に頂上までの特設コースの一部でアスファルトの亀裂が見つかり、崩れる恐れもあると判断しグリーンピア大沼様との相談、協議の結果コースの変更し今後の開催継続することこととなりました。
簡単に今後のコース計画予定を説明しますが、


通常通りテニスコート駐車場横をスタートとし山の中腹辺で折り返しして下りスラローム、白樺並木横を走行しターンしてスタートまで戻る。


ヒルクライム・ダウンヒル・ケンブロックジムカーナを取り入れた全く新しいモータースポーツの始まりです。
ヒルクライムのコース上でのフルターン。ダウンヒルでの高速スラローム。グリーンピア大沼施設内で白樺並木横に見ながら高速コーナーから目の前でフルターンなどケン・ブロックジムカーナを彷彿させるような妙技を大勢のギャラリーが見ている中、タイム狙い、ヒルクライムレース、旧車、クラシックカー、雰囲気を味わいたい方、モータースポーツを愛してやまない方々皆さんで楽しめます。

ご意見を頂いておりました観戦場所の件ですが今まで通りスタート付近から第一コーナーまで、90度コーナーと合わせダウンヒルでの高速スラローム横、白樺並木横ギャラリーステージとして広大な芝生の上でシートや椅子を持ち込みお弁当を食べながら観戦でき、まるで海外で開催されているような雰囲気も楽しめる観戦場所もご用意できる予定となっております。

また催し物も合わせて検討もしております。ご意見、ご要望、参加希望等ありましたら事務局の方までお寄せください。

第1回~第2回大会までのコースは、復旧次第また元に戻すか検討します。
新しい 北海道 Super HillClimb with もりまち を宜しくお願い致します。

第3回開催決定!9月28日29日 

今年は、雪解けも早く森町の道路は、すっかり路面Dry状態です。ライダーも走り始めました。グリーンピア大沼のスキーヤーもすっかり影を潜める中
本日、吹雪の中(笑)グリーンピア大沼へ開催のお願いに行って来ました♪

快く承諾いただき「第3回 北海道 Super HillClimb with もりまち」を9月28日29日の二日間での開催が決定いたしました。
既に準備を進めておられる方も、これから始めるという方も、どうしようか悩んでいる方も!
開催決定です!

開催に合わせ練習会も予定しております。練習会は、本開催の時にも使用されるコースも利用しますので走ることによっていつも悩まされている「コケ」の低減にもなると思います。
コース取りや路面の詳細など経験しとくのも楽しいかと思います。
勿論タイム計測も行います。

これより準備をさらに進めていきますが今年は、今まで以上に人手不足が予想され準備からお手伝いをお願いいたしたく存じます。
我こそは!とご協力いただける方は、ご連絡ください。FaceBookからでも公式サイトからでも直接ご連絡していただいても結構です。
もちろん都合のつく時だけで結構です。
お手伝い頂けると幸いです。よろしくお願いします。

スタッフからのお知らせ

ギャラリーの皆さんが観戦出来る箇所が2か所しか無くどんなコースをアクセル全開で走行しているのか分からないですよね?ゴールがどこでどんなところでどんな景色かもわかりませんよね?

そこで 昨年も行ったスタートから頂上までコース観戦バスガレージサンデー様の協賛にて行う予定です。
通常は、施錠管理されている道路を一般の方は、殆ど見ることが出来ないコースです。ゴールから見渡せる景色も素晴らしいものです。昨年、大好評で乗れない方も沢山いらっしゃいましたので今年は、公式練習日29日とタイムアタック30日の両日お昼休憩時にコース観戦バスを行う予定です。(回数等は未定)

スリル満点のコースを前回のレコードホルダー宝田ケンシロ-は、な!なんと!!平均時速80.1Kmで走破しました。コースを見学された人は、誰しもが「信じられない」と思うでしょう。 お楽しみに。

(平均時速は、当事務局調べ)

今年も続々と凄腕ドライバーがエントリー

第2回北海道HillClimbへ遂にプロドライバーがエントリーした。過去アメリカNASCAR参戦。三菱プーマレーシング在籍。トヨタチームTOM’Sにてスーパーテック参戦。北海道チャンピオンシリーズジムカーナ&ダートトライアル優勝。全日本ジムカーナ優勝。現在は、台湾Yih-SUNレーシングチーム在籍。FT86-GTにてスプリント&耐久3年連続チャンピオンの輝かしい栄光をもつプロドライバー「中村 啓」が頂を目指す!ヒルクライムというモータースポーツの新しい称号を目指しチャレンジしてきた。

もう一人全国でも名高いShop「ライズアップ」代表 工藤丈輔がスーパーチャージャー付HONDA S2000モンスターマシーンと共にエントリーしてきた。北海道のレース、ゼロヨン・サーキットなどの数々の輝かしいタイムを欲しいままに手にしてきた男が「工藤 丈輔」という名をこのヒルクライムにも刻むためにエントリーしてきた。

向かいうつは、前回2WDクラスを制した北海道ダートトライアルチャンピオン ディライトレーシングシビック「マルヤマ ヒロユキ」が第一回に続き更なるタイムアップを目指し今回も挑んできた。

他にも紹介しきれないほど輝かしい成績をもつドライバーが多数エントリーしてきている。
誰がこの頂を制するのかわかない。この瞬間を見逃す訳にはいかないだろう。


第一回北海道HillClimb with もりまち

北海道ヒルクライムレコード 宝田 ケンシロー 0:02:50.189

             2WDクラス マルヤマ ヒロユキ 0:03:01.175

HillClimb体験走行&練習会のお知らせ

お知らせ続きですが・・・

8月26日 グリーンピア大沼体験走行&練習会特設コースにて行います。

森町グリーンピア大沼体験走行&練習会特設コース ヒルクライム

8月6日よりエントリー受付中です。締め切りは、想定台数になり次第または、21日までの予定です。

車両は、
体験走行&練習会に参加が認められる点検、整備された車両。特別規則並びに車両規定に準ずる車両、服装。
必須項目は、4点シートベルト・レーシングスーツ・競技用ヘルメット・グローブ・シューズ のみ
詳しくは、HPの本大会特別規則に記載してあります。必ず参照してください。

8月26日 グリーンピア大沼体験走行&練習会特設コースパドック付近にて

9時受付開始
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
受付終了後、4点シートベルト・レーシングスーツ・競技用ヘルメット・グローブ・シューズの確認
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
ドライバーズミーティング
↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓
ドラミ終了後準備出来次第スタートとなります。

エントリー代 ドライバー1名 5000円
エントリー代は、当日受付時にお支払いいただきます。
体験走行&練習会では、当団体にてスポーツ団体保険の加入は、いたしませんので参加者ご自身自己責任で任意保険などの加入をお願い致します。

主催 北海道 Hill Climb 事務局

9月29日に開催されるコースとは、別のルートにて行いますのでまた新しい発見もあるかも!
下記のエントリーフォームよりお願い致します。
https://goo.gl/forms/l5Sh9v7D6FOMo8JD2

第2回北海道HillClimb with もりまち クラス区分について

皆様の熱いご要望のクラス区分について
当事務局にて協議の結果、急遽クラス区分を以下のように変更をすることになりました。


軽4クラス(ターボ・ノンターボ問わず)


4WDクラス

  1. NAクラス
  2. 2000cc以下のターボクラス
  3. 2000cc以上のターボクラス

2WDクラス

  1. FF 1600cc以下のNAクラス
  2. FF 1600cc以上のNAクラス
  3. FF 1600cc以下のターボクラス
  4. FF 1600cc以上のターボクラス
  5. FR NAクラス
  6. FRターボクラス

スーパーチャージャーは、ターボクラスになります。
排気量は、自己申告です。

以上10クラスになります。すべてのクラスの順位1~3位まで表彰いたします。

新しいクラス分けについて

昨日取り急ぎFaceBookにてお知らせいたしましたがエントリーについて提案がありましたので公式HPでもお知らせします。

エントリー受付期間があと一か月を切りましたが。。。軽四クラスがあれば!と提案を多数頂きましたので軽四のエントリー新設を協議致します。良く「クラス分けが・・・」などとご意見をいただくことがありますがエントリーが無いのでクラスを細分化する必要がありませんでした。今回エントリーの様子を考慮しながら,皆様の意見を参考に協議していきたいと思っております。

まだまだ始まったばかりのヒルクライムなので皆様のエントリーあってのレースです。まずは、参加していただきご意見などをいただければ、またそこから新しいものが始まっていきますのでご理解の程宜しくお願い致します。

また、新しくクラス分けなど詳細が決まり次第、お知らせいたしますのでご検討宜しくお願い致します。