クラス区分について


北海道ヒルクライム事務局へお問い合わせを頂いておりますクラス区分について説明させていただきます。

クラス区分といたしまして排気量問わず、2WD・4WD 共に個人のベストタイムをトロフィーと金一封をもって表彰致します。

また、チーム戦としてチームエントリーを3名以上、1チームとしチーム内の上位3名の合計タイムを競い、優勝チームをトロフィーまたは、優勝カップ。金一封をもって表彰します。

勿論、個人のみのエントリーでもOKです。

説明不足で皆様にご迷惑をおかけしまして申し訳ございません。

 

エントリー費用についてのお知らせ


ホームページ制作者との連係ミスによるエントリー費用修正のおしらせです。

当サイトには、ドライバーの保険料が別途になっておりましたがエントリー代に公式練習走行分ドライバーの保険料、二日間昼食のお弁当、前夜祭参加費用(食べ飲み放題)も含まれております。

エントリー用紙は、既に修正いたしましたのでご面倒でも再度ご確認の上記入しエントリーをお願い致します。

エントリー締め切りまで迫ってきておりますがご検討のほど宜しくお願い致します。

前夜祭のお知らせ


皆様よりご要望やお問い合わせがありましたので、大会委員会で協議した結果参加人数が15名以上になった場合開催されることに決定しました。
大会委員で多少なりとも負担いたします。参加料は、以下の通りです。
ドライバー分は、エントリー費に含む メカニック1名3000円 同伴者3600円 税込
地元の方も遠方からお越しの方も初めて食べる人も、そろそろ飽きてきた人も、野外でジンギスカン鍋を堪能しませんか?
食べ放題、飲み放題、グリーンピア大沼保養施設入浴券付きです。


お腹いっぱい飲んで食べて楽しく過ごした後は、例え施設内でも飲酒運転は、絶対にやめましょう!飲酒運転撲滅キャンペーン中
他のお客様にご迷惑をかけないようにマナーよく紳士淑女でお手本になりましょう♪


飲酒運転撲滅キャンペーン中ということもあり……

グリーンピア大沼では、素敵な宿泊プランも用意されております。グリーンピア大沼さんのご厚意により「北海道ヒルクライムの参加宿泊です!」と予約時にお伝えするとなんと!10パーセント引きになっております。
ホテルの宿泊は、勿論。コテージ(定員5名)、ケビン(定員5名)、カナディアンハウス(定員10名~15名)
当方では、宿泊の受付は、しておりませんのでご希望の方は、予約手続き、空き部屋の確認を各自個人でお申し込みください。
その際は、「北海道ヒルクライムの参加宿泊です!」と伝えるのを忘れずに。。。
忘れちゃうと通常料金になるそうです。トホホ・・・


グリーンピア大沼施設周辺での野宿、車中泊、キャンプ等は、認めておりません。見回り等もございますのでくれぐれもご注意下さい。

Monster聖地へ

Monster 田嶋伸博氏 ヒルクライム聖地へ
ラリーやダートトライアルを得意としパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム。2006年から2011年までの6年連続総合優勝を含む、通算10勝を上げ2013年にはEVクラス優勝を達成。2016年、日本人として初めてパイクスの殿堂『ホール・オブ・フェイム』入りを果たす快挙を成し遂げた。受賞に際し、「この後、私の後に続く日本の方々が、次の100周年の殿堂入りを目指して頂ければと期待しています。」という言葉通りパイクスピークを日本に広めた第一人者、Monster田嶋氏の次を繋ぐドライバーをここから輩出出来る様に願っております。

森町観光大使 Monster田嶋氏が今回の北海道 Hill Climb(ヒルクライム)の応援で来森。テスト走行をしていただきました。

第一回北海道HillClimb with もりまち に関してMonster函館へのお問い合わせは、ご遠慮ください。森町の有志が運営をしておりMonster函館は、一切関係しておりません。ご了承ください。

映像は、森町観光大使、田嶋伸博氏がヒルクライムの応援していただいた時の映像となります。(観光大使了承済み)